2006年01月12日

のだめカンタービレ感想 Lesson75

明日はのだめカンタービレ14巻発売日、 うふふ♪

ウッ!!Σ(・”・;) 
そういや、しばらく感想書いてなかったです・・・

Lesson75の感想、今更ですが書きました(汗)

そうそう、ニッサン・トヨタの続きでした。

公演まで3日間しかないのに指揮者に逃げられたマルレ・オケ。
コンマスの猛反対がありましたが、千秋が指揮者に決定。
コンマス説得の決め手は「パリ在住で 若くて安い 指揮者」
凹むニッサン・トヨタです・・・

のだめの仏語授業、例文が非常に気になります(笑)

勉強に燃えるのだめがアパートに戻ると、Rui登場☆
アパート住人とすっかり打ち解けて、お部屋でパーティ中。
千秋にすっぽかされたRuiはフランク達と部屋探しに行ってきたようです。
でも、友達ができてすごく嬉しそうです。
今までこういう時間を過ごすこと、無かったのでしょうね。
そう思うと・・・かわいそうになります。

千秋、帰宅。
グッタリなところにエリーゼから「仕事」依頼の電話。
もちろん、マルレ・オケ。
先程、一部始終を見ていた千秋は喜ぶどころかどん底へ。
しかも、「安い」どころかギャラ無しになってるし・・・さすがエリーゼ、酷いです。

Ruiはのだめの部屋に宿泊、酔っぱRuiに振り回された様子です。
千秋からのごはんは「缶詰」、それでもマメだなぁと思います。
自分がいっぱいいっぱいでもちゃんとのだめのごはん用意しています。
のだめはRuiに振り回される予感デス・・・

そして千秋として初めて、マルレ・オケに登場。
さっそく黒羽根飛ばしてますねー(笑)
ニッサン・トヨタを見破ったオネーサン、カッコいいです♪

事務スタッフのテオにコンマスとの対応についてお願いされる千秋。
このオケのたった1人のスタッフ、テオ・・・とんでもなく大変そうで気の毒です。

練習スタートしてすぐに、コンマスからの攻撃!
でも次回、千秋がこのまま引き下がるとは思えません。

ガンバレ、千秋!!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。