2005年06月07日

パピ、病院へ行く

image/mattari3-2005-06-07T23:59:23-1.jpg

いつものように、パピに大好物の大きめの固いおやつを食べさせ、私達は遅い昼食を食べていました。

すると、「キャウンッ!キャウンッ!」
突然パピが尋常ではない鳴き方をして、その場にへたりこみグッタリしてしまいました。

驚いて様子をみると、どうやらおやつを丸飲みしたみたいです…
息も荒く様子が変なので、慌ててタクシーを呼び、前に診てもらったことのある動物病院へ連れて行きました。

タクシーの中でもゲージの中で、辛そうです。
車酔いもするので…

病院に着くと、何だか元気になってるかも?
先生にも、「どうやら着くまでに治っちゃたかな」と言われ、ホッとしました。
お腹の方に、おやつが無事入っていったみたいでした。
いやー、本当に焦りました!!
食道を傷つけているといけないので、念のため飲み薬をもらって帰ってきました。

写真はその帰りに、安心しておしっこしているところです(笑)
本当にもう、いやしい犬なんだからパピは…
そんな急いで食べなくても、誰も盗りませんから!

その後、パピがそのおやつ食べる時はドキドキして見ている私達家族なのでした。
posted by ぷうた at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | パピ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほっ、本当に良かった〜。
パピちゃんったらいやしん坊ね!
でも私も小さい時飴玉を喉に詰まらせて、父と母が青くなりながら私を逆さにして背中バンバン叩いたそうな。
私もいやしん坊なのでした・・・いや今でも(笑)
Posted by applicotton at 2005年06月09日 13:26
☆applicottonさん、ありがとうございます〜
私もいやしいので、飼主に似たのだろうなぁ(笑)

>飴玉を喉に詰まらせて
うわー、苦しそう…大変でしたね。
このときもパピの背中叩いたら、おびえてました…
助けようとしてるのに、怒られてると思ったようです(涙)

Posted by ぷうた at 2005年06月09日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。